STUDIO TOY BOX

あいの智絵とゆかいな漫画描きの仲間たちが集う場所 STUDIO TOY BOXです。

    Harem淫Battle (メガストアコミックス)
    あいの 智絵
    コアマガジン
    成年コミック「Harem淫Battle」絶賛?発売中です!

    HOTMILK濃いめ

    ありがたいことにHOTMILK濃いめの献本
    毎回いただいているんですが
    今月号はボクの作品のイラストつき告知が載ってますね


    DSC_1223


    次回最終回みたいですね
    たのしみですね~

    娘はどうしてああなっちゃたんだろ。

    父親は登場するのかな?

    住所ネットで公開されて今後あの家でくらせるのかしら。

    母親は過去のあやまちを隠しとうせるの?

    こんなことになって今後の親子関係どうなっちゃうの。

    これだけの前振り回収できるの
    たのむよあいの

    comicHOTMILK濃いめvol.2で掲載された
    「せなかの過去」はおかげ様でこうひょうらしく
    つづき描かしてもらえることになりやした

    読者ちゃま、担当ちゃまありがと~


    だけどネームでいきなりつまづきまして。。。
    いちから描きなおしくらいました


    せなかの過去・後編_004_005
                    ボツの作品の1ページ

    まっ半分描きなおしくらうつもりで
    ボクなりにチャレンジして描いてるから
    精神的ダメージは少ないよ

    でも少しはダメージくらう。。。

    精神的ダメージより怖いのは
    チャレンジ、挑戦しないことだとボクは思う

    挑戦しなければ負けることはないけど

    勝つこともない

    だから今日もボクはなきながらネームを描きなおす 

    comicHOTMILK濃いめvol.2に掲載されてる作品
    のヒロインは 仲間結衣(なかまゆい)38歳

    過去にある場所である男達により
    性奴隷として調教されていた設定

    なのでその過去の話なんかも考えてあるので
    描かせてもらえるなら描いてみたいけど
    じつのお気に入りは

    義理の娘の瞳(ひとみ)〇7歳

    標本採取_020_021
          瞳ちゃんが自分の家で全裸の男と鉢合わせ!


    今作に少しのみの登場で
    表情にきおつけて描いたつもり

     
    comicHOTMILK濃いめは
    人妻専用誌なのでメインでの登場は無理そう

    う~ん瞳ちゃんムチャクチャにしたいよね~。
     

    1/20に発売のcomicHOTMILK濃いめvol.2に
    ここで紹介した「
    母の裁鬼(仮)」が掲載されます

    正式タイトルは

    せなかの過去


    標本採取_012_013


    コンビニ誌ということもあり今回は20ページ

    ってことで
    ストーリーにページさくとエロシーン少なくなっちゃうんで
    思い切ってエロちゅうしんにしたよ。

    読み切りとして描いたけど
    読者さんに色々想像してもらって
    細かい世界観楽しんでもらえたらとも思います

    標本採取_004_005

    メガストアαに掲載された
    「母の解体」

    をっ読んでいただけた方には
    またちがった話に見えると思います

    その意味は今作よんでみてからのお楽しみ


    標本採取_008_009





    夕暮れずくり(仮)のタイトルで描いていた作品の
    正式名が決定しましたよ

     「夕餉の情景」

    ってタイトルで今月増刊のHOTMILK濃いめ♡に掲載されます。

    ただまたボクのわるいくせがでてしまい
    脱稿後にまた作品がきにいらなく
    なおしました。。。
    濃いめカラーマンガ6p_001_001

    上の1p目のサンプルですが
    どこが掲載作と違うかわかるかな?

    他のページも細かい修正したので
    単行本だすことできたら
    探してみてください

    濃いめカラーマンガ6p_002_003_001
                   モザイクは雑誌と違う処理してます。

    そして次回作も進行開始しました
    次号に掲載よていです

    メガストアαで描いた「母の解体」後編のネームがボツになったので
    その悔しさを次のさくひんに
    ぶつけてるさいちゅであります 

    仮ですが次の作品のタイトルは
    「六畳喰感」
     

    このページのトップヘ