STUDIO TOY BOX

あいの智絵とゆかいな漫画描きの仲間たちが集う場所 STUDIO TOY BOXです。

    せなかの告白 (メガストアコミックス)
    あいの智絵
    コアマガジン (2018-10-30)
    成年コミック「せなかの告白」絶賛発売中です!!

    蛸壺中央市場

    前回、製作中の同人「蛸壺中央市場(仮)」の内容を説明したけど
    そのつづきです


    この作品は普通の人妻にこだわって描いてますけど
    息子はもちろん人妻とセックスする息子のクラスメーとの少年達も
    どこにでもい○学○年生達を描いてます

    なのでマジカルチンポを所有してもないし、中身がおっさんでもないです




    burogu1











    なのでビッチですぐセックスする人妻
    少年なのにセックスなれしたオラオラ系のNTRをご希望の方

    ぜったい同人「蛸壺中央市場(仮)」出てもみちゃだめだよ


    ただ。。。





    BUROGU2
     人妻の抵抗虚しく息子の同級生とセックスするとに。、。




    人妻は残念ながら少年達とセックスをすることになます。

    そして童貞だった普通の少年達は人妻で快楽におぼれ歓喜しながらも母親、女という生き物に絶望を覚え歪んだ考え、行動をおこします。

    その被害者は当然人妻、そしてその家族に向けられます。。。





    今回は突然だけど製作中の同人について読者ちゃまにネームのページを使って
    内容の説明しますね




    同人「蛸壺中央市場(仮)」は単行本収録の背中の過去シリーズでは出来なかった
    人妻、鈴木多子の人格、拒絶、葛藤、罪悪感をとことん描写してます


    エロ漫画的なビッチで脅したら簡単にセックスする人妻じゃないので
    息子の同級生達とのセックスを当然拒み続けます。



    burogu6

      普通の少年達なので人妻にセックスさせろとは言えないが内心は。。。








    母の解体で魚市場通の専用性処理となる前の
    魚市場で働くどこにでもいる普通の人妻を描いてます


    buroiguy6

        旦那と魚市場で働く普通の人妻にいったいなにが?






    そしてその普通の人妻がどうして息子のクラスメートとセックスすることになるのか?


    少年達との歪んだセックスをかわきりに大人の人妻と
    親子ほど年の離れた少年達との関係が逆転してゆく。。。



    同人作成はすこしお休みしてお仕事していたけど
    無事に完成しました~




    BUROGU5
      今回も新しい塗りにチャレンジしてますよ。今後もチャレンジし続けます!





    今回は「母の解体」のヒロイン多子が登場するので
    あらたにカラーで入れ墨を描きました



    burogu3
    線は昔らしさを出すためにオリジナルペンを作成。色は写真を見ながら何度も色調整しました。




    自分で描いてみてわかったけど
    画狂老人卍先生はやはり偉大ですね



    そして単行本が出て一段落ついたので少し休んでから次どうしましょうかね?

    ありがたいことにお仕事は色々なところからお声かけていただいてます

    本当は全部やりたいけど体は一つ。。。
    同人作成しながら今後のこと色々考えていこうとおもってますよ






    単行本「せなかの告白」の発売日10月30日まであと少しだけど
    同人のせなかの告白シリーズ「蛸壺中央市場」も着々と進行してますよ



    今回は本でいう表紙のイメージの公開です


    burogu
      画像クリックで拡大できます。初期段階なのでかなり粗いですが。。。


    デジタル書籍のトップ画面は横長なんでこんな感じです



    もちろん制作初期段階の告知版なのでここから
    大きく変更するかもです


    完成版で間違いなく変わるのは羽矢と羽矢をおんぶしてる多子が
    カラーイラストになるってところ



    また正式な表紙できたら公開しますね。


    ソフトクリームという贅沢をしたので頑張ってお仕事しないとね

    ってことで
    今やらしてもらってるお仕事で
    タイトルのデザイン決めたいらしく表紙(1ページ目)だけ
    出版社ちゃまにお送りしました


    burogu6




    確認用に書き出したんで、ついでにその1ページ目を晒してみましたよ
    ちなみに完成版を掲載しなおしておきました

    このページのトップヘ