STUDIO TOY BOX

あいの智絵とゆかいな漫画描きの仲間たちが集う場所 STUDIO TOY BOXです。

    Harem淫Battle (メガストアコミックス)
    あいの 智絵
    コアマガジン
    成年コミック「Harem淫Battle」絶賛?発売中です!

    人妻

    1/20に発売のcomicHOTMILK濃いめvol.2に
    ここで紹介した「
    母の裁鬼(仮)」が掲載されます

    正式タイトルは

    せなかの過去


    標本採取_012_013


    コンビニ誌ということもあり今回は20ページ

    ってことで
    ストーリーにページさくとエロシーン少なくなっちゃうんで
    思い切ってエロちゅうしんにしたよ。

    読み切りとして描いたけど
    読者さんに色々想像してもらって
    細かい世界観楽しんでもらえたらとも思います

    標本採取_004_005

    メガストアαに掲載された
    「母の解体」

    をっ読んでいただけた方には
    またちがった話に見えると思います

    その意味は今作よんでみてからのお楽しみ


    標本採取_008_009





    プロットでOK出た作品「六畳喰感(仮)」でなく
    考えた末、あらたに作品造って
    ネームたんとうちゃまに提出した結果ですが。。。

    OKもらいました~

    標本採取_001
            母の裁鬼(仮)の冒頭i一部修正版したページ



    一部しゅうせい命令がありましたが
    今ペン入れしてるさいちゅうです。

    その修正箇所も言われた通りになおすのではなく
    ボクなりに考えてさらに修正して描きなおしたけど
    良くなったね~

    担当ちゃまに言われなかったらこうはならなかったから
    やっぱ担当ちゃま凄いわ

     母の裁鬼(仮)が
     HOTMILK濃いめ♡2月号に掲載できるよう
    ペースあげていかないと


    夕暮れずくり(仮)のタイトルで描いていた作品の
    正式名が決定しましたよ

     「夕餉の情景」

    ってタイトルで今月増刊のHOTMILK濃いめ♡に掲載されます。

    ただまたボクのわるいくせがでてしまい
    脱稿後にまた作品がきにいらなく
    なおしました。。。
    濃いめカラーマンガ6p_001_001

    上の1p目のサンプルですが
    どこが掲載作と違うかわかるかな?

    他のページも細かい修正したので
    単行本だすことできたら
    探してみてください

    濃いめカラーマンガ6p_002_003_001
                   モザイクは雑誌と違う処理してます。

    そして次回作も進行開始しました
    次号に掲載よていです

    メガストアαで描いた「母の解体」後編のネームがボツになったので
    その悔しさを次のさくひんに
    ぶつけてるさいちゅであります 

    仮ですが次の作品のタイトルは
    「六畳喰感」
     

    「夕暮れづくり(仮)」という作品を執筆かいししました

    この作品じつはボクが入院してたのもあり
    HOTMILK濃いめ♡増刊号に掲載予定なかったんですよね


    サンプル_001





    そもそも入院したじてんで掲載は不可能とボクじしんもおもってたけど
    あきらめきれなく病室で作品や企画書は造って提出したのですが
    ボツ作品も多く完全に増刊号の掲載は絶望的でした

    それでも
    ダメもとで退院後一晩で造ったネーム編集部さんが見て
    「良いですね!」ってことできゅうきょ掲載決定になりました

    ほんとうにありがたいです。。。

    ありがとうコアマガジン

    ありがとう担当ちゃま

     

    実は病院のロビーで担当さんに
    電話した時「HOTMILK濃いめ」という名の雑誌 増刊されるので
    そちらで 描いてほしいとお願いされ
    突然でびっくりしましたが。。。

    入院中にもかかわらずOKだしました

    いつかはコンビニ誌での掲載を夢みましたので
    めっちゃワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!ですね

    ただ残念なことは「母の解体」の後編
    「母のサバキ」のネーム病室で描いて提出したのですが
    ボツになりました
    母のサバキ_018_019_001
                   お蔵入りになった「母のサバキ」のワンシーン


    そこで描き直しより一緒に送った企画書の作品が出来良いので
    そちらを書いてほしいということになり
    事実上「母のサバキ」はお蔵入りとなっちゃいました

    あっでもボクは担当さんに感謝していて
    ぎゃくに良くネームを読んでくれて、最善の選択をえらんでくれて
    ありがたいですよね

    作品を見る、売ることに関してボクなんかより
    担当さんのが全然プロで勝ってますからね

    でもいつか母の解体の後編「母のサバキ」描きたいな~

    母のサバキ_020_021_001
              お蔵入りになった「母のサバキ」のワンシーン





     

    このページのトップヘ