STUDIO TOY BOX

あいの智絵とゆかいな漫画描きの仲間たちが集う場所 STUDIO TOY BOXです。

    Harem淫Battle (メガストアコミックス)
    あいの 智絵
    コアマガジン
    成年コミック「Harem淫Battle」絶賛?発売中です!

    あいの智絵

    今年も早くも10日目です。。。神社なんかのパワースポット巡りも良いですが
    お仕事もそろそろ本格始動ってことで

    次回作として描いていた「セレブ妻が旦那子供のことを忘れる瞬間

    その正式タイトル決まってましたのでご報告です

    正式タイトルは

    「リゾートは危険な香り」

    となりましたよ



    あいの智絵/リゾートは危険な香り






    いつも編集ちゃまタイトルや写植ありがとうさまです

    この作品掲載されてる予定のHOTMILK濃いめは
    今月の21日前後には各コンビニ、書店さんで見れるとおもうから
    もうしばらくお待ちください。

    その発売日までにまた内容ご紹介できたらな~っと思ってますから
    楽しみにしていてくださいね



    新年あけましておめでとうございます


    ことしもボクあいの智絵と作品である我が子たちをよろしくおねがいしますね。


    そんなボクは今年もまた正月は仕事です。。。


    SnapCrab_CLIP STUDIO PAINT_2017-12-30_4-35-16_No-00
             画像クリックで拡大できます。



    編集ちゃまも正月休みなしでお仕事がんばってるので
    ボクも休みません


    よくよく考えれば
    正月でも仕事できるなんて作家としてこんな幸せなことはないですよね


    でも3日以降は少し休もうかな。。。
    これがほんね

    詳細は理由があってまた今度ここでお話ししますが


    前に漫画以外のお仕事したことおつたえしまたよね

    そのお仕事でボクの作品「せなかの過去」の商品が
    完売していました

    販売さきのAmazonでの詳細見たい方はココをクリックしてくださいね





    SnapCrab_NoName_2017-12-30_5-9-33_No-00



    購入していただいた皆様ありがとうございます


    販売は引き続きしてるみたいなのでよろしくお願いします。

    また再入荷もするとおもいますしね



    前回もしょうかいした「セレブ妻が旦那子供のことを忘れる瞬間」のボツネーム



    こんかいも背景や大勢のモブのペン入れで時間はないけど
    ブログネタがないので晒してみますね




    burogu

           読者ちゃまにわかりやすいようトーンなど手をくわえてみました。
      



    きほんボクはネーム細かく描く場所とそうでない場所はっきりしていて
    ブログには比較的こまかくかいたの晒してます




    あまりおおざっぱなネーム晒しても
    おそらく読者ちゃまはなにが描いてあるかわかんないですからね

    クリスマスですね

    皆さんはどのようにすごされてますか?


    ボクは次回作「セレブ妻が旦那子供のことを忘れる瞬間」の
    おっぱいと背景をひたすら描いてます





    burogu2

        今回は南の島が舞台!そんな設定やめておけばよかった。。。





    burogu
     初の海外の風景。なれないため普段より描くのに時間かかりますね。。。





    なかまからの電話「あいのクリスマスだから外で美味しもの食べようよ」

    あいの「いや、それはできなよ〇〇ちゃん」


    なかま「なんで?仕事いそがしいのかよ?」


    あいの「ちがうよ。編集ちゃまには愛想つかされながらも順調だよ。」

    なかま「そ、そう。。。じゃあお金ないの?おごるよ」


    あいの「それもちがうよ〇〇ちゃん。お金はないけどそれは違う。。。」

    なかま「ないのは本当なんだ。。。」
       「しかも聞けば聞くほど相変わらず悲惨な生活してるよな」




    あいの「ムラムラ」





    なかま「なに?」

    あいの「クリスマスはムラムラするから・・・」




    なかま「。。。」
       「そっか。。。それはマズイよな」

    あいの「うん、〇〇ちゃんマズイんだよ」




    そんなぐあいで楽しいクリスマスをすごすあいのでした





     

    このページのトップヘ