STUDIO TOY BOX

あいの智絵とゆかいな漫画描きの仲間たちが集う場所 STUDIO TOY BOXです。

    Harem淫Battle (メガストアコミックス)
    あいの 智絵
    コアマガジン
    成年コミック「Harem淫Battle」絶賛?発売中です!

    作者ひとこと

    クリスマスですね

    皆さんはどのようにすごされてますか?


    ボクは次回作「セレブ妻が旦那子供のことを忘れる瞬間」の
    おっぱいと背景をひたすら描いてます





    burogu2

        今回は南の島が舞台!そんな設定やめておけばよかった。。。





    burogu
     初の海外の風景。なれないため普段より描くのに時間かかりますね。。。





    なかまからの電話「あいのクリスマスだから外で美味しもの食べようよ」

    あいの「いや、それはできなよ〇〇ちゃん」


    なかま「なんで?仕事いそがしいのかよ?」


    あいの「ちがうよ。編集ちゃまには愛想つかされながらも順調だよ。」

    なかま「そ、そう。。。じゃあお金ないの?おごるよ」


    あいの「それもちがうよ〇〇ちゃん。お金はないけどそれは違う。。。」

    なかま「ないのは本当なんだ。。。」
       「しかも聞けば聞くほど相変わらず悲惨な生活してるよな」




    あいの「ムラムラ」





    なかま「なに?」

    あいの「クリスマスはムラムラするから・・・」




    なかま「。。。」
       「そっか。。。それはマズイよな」

    あいの「うん、〇〇ちゃんマズイんだよ」




    そんなぐあいで楽しいクリスマスをすごすあいのでした





     

    新作「レンズの視線に・・・」もHOTMILK濃いめに掲載され
    本日発売ですね。


    献本もぶじいただき
    いつも出版社、編集部ちゃまありがとうです


    DSC_0084




    次回作も順調に進行してますが
    そのあいまにやりたいことがありまして
    それはまえから少し興味あったグレースケ塗り





    せなかの過去、母の解体の同人作ること決めたので

    そこでさいようしようか迷っているわけですね。。。

    なので練習がてらはつのグレスケ塗りしたうちの1枚をごしょうかい






    単行本作業_013

            (画像クリックで拡大できます)



    母の解体編から5年前の越、羽矢のクラスメートの子供達とセックスを
    強要させられる母親のシーン(同人完成版では変更あるかもです)

    先ほどブログのアクセス数がはねあがったので
    なにごとかとおもったら
    アキバblogさんが今月発売のHOTMILK濃いめに掲載の
    ボクの作品


    レンズの視線に・・・


    を紹介してくれてました

    いつもありがとうございます


    せっかくなんでもう一枚
    サービスカットしょうかいしちゃいますね



    近隣ノ巣穴buroguyou



    こんなかんじでフェラにも力いれて描いたけど
    本当の今作のみどころは。。。。




    みてのおたのしみですよ





    まえに最寄りのコンビニの成年向け雑誌について
    かたりましたよね。

    最近そのコンビニ行ったらこうなってました



    DSC_0016




    増えてます




    ボクがここでかたったんで
    コンビニも危機感をかんじて倍に売り場をふやしましたよ



    ちゃんとHOTMILKもおいてありますね




    いつもお世話になってるコンビニなので
    その日は感謝もこめて買い物以外に
    ドーナッツを2個お買い上げさせていただきました


    できればもっと売り場を増やしてほしいですけどね

    ついに最寄りのコンビニもこうなりました。。。



    DSC_0011





    ほそい。。。




    でもなくしはしないんですね
    それにHOTMILK濃いめの販売日には
    ちゃんと陳列されています


    そもそも成年コーナーだけでなく
    コンビニじたいが
    本のとりあつかい面積小さいので


    3186d_1460_32eb4ab9b3545097c62c9bacd5bf8f39
              この画像もとはこちら


    このコンビニを見習ってほしいですね





    このページのトップヘ